4月1日から新年度ということで、

NHKニュースの内容です。

電力自由化、
首都高速一部値上げ、
アズキバーとガリガリ君値上げ、
↑これはNHKで取り上げるのね~と驚きました。

そして、

かかりつけ医ならぬ、かかりつけ薬剤師の紹介がありました。

いくつかの病院で処方されるお薬を、

担当薬剤師(=かかりつけ薬剤師)が精査し、

重なっているお薬については、

薬剤師から病院や医師に連絡し、

お薬を減らすなどの行動を起こすそうです。

お薬の組み合わせや量により発生する副作用を減らせるし、

国もカットできるお薬の費用を負担する必要がなくなるということです。

なるほど、良いシステムですね。

皆様の家計でも、

払わなくてよい部分や、

重複して払ってしまっている部分など、

あるかもしれませんよ。

もしかして・・・

と、少しでも不安に思われましたら、

専門家のやすもとFPにご相談下さいませ。

あなたの(御社の)かかりつけFPにいかがでしょうか?