人生の3大資金

一般的に、
3つの大きなお金がかかること・・・
なんでしょうか?

・・・

・・・

・・・

答えは、
「教育資金」
「住宅資金」
「老後資金」
です。

これらには大きな金額が必要で、
大きなお金は
すぐには用意しにくいですよね。

まず「教育資金」ですが、
公立でも私立でも、
大学や専門学校では
まとまったお金が必要になります。
多少のずれはあっても、
産まれた時に大学入学時期はわかりますね。
親の希望、子供の希望と、
意見の食い違いはあれども、
必要額がわかりやすい資金ですので、
早めに準備しておきたいですね。

次に「住宅資金」です。
借りても購入しても、
毎月の支出は大きいですね。
購入する場合は
頭金を準備する必要があります。
住宅ローンは長期ローンですし、
住宅は買い替えが難しいものです。
無理のない返済計画を立てることが大切ですね。

最後に「老後資金」です。
3大資金の中で、
だれもが、
準備が必要な資金ですね。
子供は持たない、
家は親から相続する、
という選択はありますが、
年はとらない!
の選択は出来ませんものね。

また、
いざという時に
教育ローンや
住宅ローンはありますが、
老後ローンはありませんね。

さらに、現年金受給者世代より、
これからの年金受給者世代は、
「少子高齢化」が明らかで、
公的年金もどこまであてにしてよいものか、
わかりません。

これらのことからわかるように、
老後資金は、
自助努力が必要になりますね。
少しずつでもいいので、
早めの準備がいいですね。

ご夫婦で厚生年金に加入して、
バリバリと働くというのは、
老後資金の準備にもなります。
昨今の106万円壁の社会保険の見直しは、
公的年金の将来を見据えた
改正であると考えられますね。

来年からの主婦も加入できるなどの
改正がある、
確定拠出年金なども、
老後資金は自分で準備を始めてくださいよ、
という、
国からのメッセージに聞こえます。
(そもそも所得税のかからない
主婦の方にとって
確定拠出年金が、
最良の方法かは別問題です)

人生の3大資金。
私の場合はどうなるの?
と思われた方は、
お気軽に
ご相談くださいませ。

TEL 090-2705-4373
メールでのお問い合わせはこちら