今日は為替(かわせ)の動きが大きな朝でした。

 

円安方向に動きました。

 

 

 

 

為替についての基本です!

 

円高、

 

円安、

 

 

すぐにわかりますか?

 

 

私も感覚を掴むまで、

 

 

どっちだろう?

 

 

と何度も考えました。

 

 

 

 

 

 

 

1㌦=100円のとき、

 

 

1㌦のリンゴは、

 

 

100円払えば買えますね。

 

 

1㌦=80円の時、

 

 

1㌦のリンゴは、

 

 

80円払えば買える。

 

 

100円で買っていたリンゴが、

 

 

80円で買える。

 

 

円の価値はどう動きましたか?

 

 

円の価値は上がりましたね。

 

 

以前より少しの円を払って同じものが

 

 

買えるのですから、

 

 

1円の持つ力が強くなった。

 

 

円が高くなった、

 

 

これを円高に動いた=円高、

 

 

といいます。

 

 

 

 

 

 

 

いわずもがな、

 

 

その反対に、

 

 

1㌦=120円の時、

 

 

1㌦のリンゴを買うのに、

 

 

120円出さないと買えません。

 

 

1円の持つ力が弱まったことがわかりますね。

 

 

円が安くなった、

 

 

円安に動いた=円安、

 

 

といいます。

 

 

 

 

 

 

 

何を基準に

 

 

円高や円安といっているかですが、

 

 

比較は

 

 

直前の値であることが多いです。

 

 

 

 

では、

 

 

円高、円安、

 

 

どちらの時に海外旅行にいけば、

 

 

お得にお買い物ができるか考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ハワイで、

 

 

10万㌦の腕時計が売っています。

 

 

1㌦=100円時は、10万円で買えます。

 

 

1㌦=80円時は、8万円で買えます。(円高)

 

 

1㌦=120円時は、12万円で買えます。(円安)

 

 

海外旅行でお得にお買い物ができるのは、

 

 

円高時ですね。

 

 

円の力が強いときです。

 

 

個人レベルでいえば、

 

 

海外旅行のお買い物ですが、

 

 

これを大きくして、

 

 

企業レベルで考えると、

 

 

海外で売っているものを、

 

 

買って日本に取り入れるので、

 

 

です。

 

 

円高時には輸入が有利ですね。

 

 

 

 

反対に、

 

 

メルカリ海外版があったとします。

 

 

取引に使用する

 

 

通貨はドルです。

 

 

私の持っている使わなかった腕時計を

 

 

10万㌦で販売します。

 

 

1㌦=100円時は、10万円で売れます。

 

 

1㌦=80円時は、8万円で売れます。(円高)

 

 

1㌦=120円時は、12万円で売れます。(円安)

 

 

私がお得なのは、

 

 

12万円で売れる時ですね。

 

 

円安時です。

 

 

これを企業レベルにすると、

 

 

(企業の商品の通貨が㌦で取引されているとする)

 

 

円安時に販売すると、

 

 

より沢山の円になりますね。

 

 

海外に売る、

 

 

すなわち日本から出す

 

 

ですね。

 

 

円安時には、輸出が有利ですね。

 

 

 

 

 

 

 

投資方法の一つとして、

 

 

1㌦=100円でドルを買って、

 

 

10万㌦で10万円で買って、

 

 

1㌦=120円で売る。

 

 

10万㌦で12万円手に入れる。

 

 

という方法も考えられますね。

 

 

これはわかりやすく極端に20円の幅を付けています。

 

 

20円の幅は通常では

 

 

簡単には

 

 

動かない幅です。

 

 

円高、円安の

 

 

イメージのお役に立てましたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

このような方法を

 

 

推奨している記事ではありませんので、

 

 

ご了承くださいませ。