総務省が発表している
「家計調査年報(貯蓄・負債編)」から、
現在の日本人の貯蓄状況をみてみると・・・

2人以上世帯の世帯当たりの貯蓄平均は1,812万円。
「1,812万円!」と驚かれた方、
これは平均値なので、
高額な貯蓄額の方がいると値が大きくなります。

ですから、
ここで貯蓄保有世帯全体の中央値をみてみましょう。
中央値は1,074万円です。
貯蓄がある世帯の貯蓄額を順番に並べたとき、
中央の値が、
1,074万円です。

この値自体は、
ご自身と比較されても、
あまり意味はないと思いますが、
なにかの話のネタに(^^ゞ

そして、額の大小はおいといて・・・
日常生活をするうえで、
貯蓄がゼロだと、
それは不安ですね。
親元にいても、
一人暮らしでも、
社会の一員として、
世の中で働くのであれば、
緊急生活資金として、
3か月分くらいの生活費は
すぐに準備ができるようにしておきたいですね。
イレギュラーなことが起こって、
「お金を借りないといけない」
という状況は避けたいですから・・・

今、もし貯金がゼロの方は、
毎月の収入から一定額を、
強制的に引き落とされるようにして、
お金が貯まるシステムを作ってくださいね。

そして、
すでにある程度の貯蓄額がある方は、
3か月分の緊急生活資金以外のお金は、
それぞれのライフスタイルや、
状況に合わせて、
貯蓄や、
資産運用や、
自己投資など、
行き先を考えてくださいね。

その行き先を考えるのは、
楽しい作業ですね。
どのようにしたらよいのかなぁ、
と、悩まれる方は、
やすもとFPと一緒に考えましょう!